2011年08月10日

日印EPA発効

ニュースなどではあんまり大きく取り上げられていませんでしたが、8月1日より日印EPAが発効されました。零細企業の弊社アジアハンターは経費節減のため、海外から輸入されてくる商品の通関・搬送も基本的に全て自ら行っています。弊社で扱っている商品はインドから輸入しているものが大半ですが、以前はじめてタイからの荷物を通関した時、その簡易さに驚きました。タイと日本はEPAを結んでいたのでほぼ全ての商品に関税が無く、また輸入荷物も小額(品物総額20万円以下)だったので全てを合算し、消費税のみで計算書の作成すらありませんでした。いつも行っているインドからの荷物の場合、いちいち関税率表と照らし合わせて税率を確認し、モノによっては少なからぬ税率の関税を支払っていたので、タイからの輸入手続における簡易さと関税フリーに痛く感動しました。

そして8月1日、ついにインドと日本の間でEPAが発効。実行関税率表をチェックすると
きちんとそこには「インド」の文字が。そして早速昨日、インドからの荷物が届いたので通関に行ってきました。当たり前ですが、発効されたEPA通の税率?で、こうした通関手続きが簡便になると、今後よりバリエーションの豊富なものもどしどし輸入しようという気になります。
posted by asiahunter at 12:48| Comment(0) | ■商品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

2010年夏インド仕入れ

今年の夏もアジアハンターはインド仕入れに参ります。
なるべくならばインドの夏(特にモンスーン期の蒸し暑い時期)だけは避けたいと、例年思いつつもなぜだかどうしてもインドに行くべき用事が夏頃までに溜まってしまう。この時期のインドは全般的に軽度のサウナに一日中浸っているような感覚で、ある程度の体力がないと外出していても蒸し暑さに体力を奪われ、数時間も経つとグッタリしてしまう。そう思って今日あたりから近所の公園でエクササイズに励むことにした。

蛇足ながら、時々日本でサウナに入ることがあるが、扉を開けた時の『ムッ』とする感覚がかつてインドやタイに飛行機で降り立った時のあの感覚にデジャヴさせてくれるので、アジアが恋しくなるとサウナに向かっていた一時期がある。とは言えサウナは出ようと思えば出られるし、すぐ近くには水風呂があるがインドの蒸し暑さは逃げ場が無い。それが天国と地獄ほどの落差となるのだ。

さて、今回のインド仕入れはチェンナイとデリーを回ります。
共に南北インドの中心的都市で、周辺州からの物産などもこの大都会に集積されます。ですので、ある程度の地方産のものであってもこの2都市を抑えておけば入手が出来ます。


毎回募集していますが、今回もまたリクエスト商品がありましたら、受付いたします。
どうぞお気軽にお問合せ下さい。

以前のインド行き前にもブログに書きましたが、本当にここ数年、インターネット上でe-ticketが購入出来るのが便利で仕方ありません。LCCのみならず、最近では大手航空会社も大半が自社サイトから購入出来るシステムになっています。いろんな航空のサイトを見て時刻表とかルートを作りながら行き先など入力したりしていると本当に行きたくなって、思わず購入しそうになります。タイ航空のサイトなどはオープンジョーのチケットにも対応していて非常に便利です。

ipadなどの電子書籍が出版業界を変える、という話題がトレンドですが、こうした航空券の世界は既に大半がe-ticket化していて、紙で印刷されたチケットなどが無くなりつつあります。空港カウンターに並ぶ際、カーボン紙を使ったチケットを手にしている人を見ると懐かしささえ感じます。
電子書籍や音楽・映像なども中間に介在する書店・CD店などが次第に減り、メーカーがデータのみを直接消費者に届けるように、IT化が進むことにより旅行者も今後はe-ticketを航空会社から直買いするようになる流れにあります。製造者・生産者と消費者の距離は縮まる傾向にあり、野菜などの食品も生産者が直接販売する事も可能となりつつあります。そのことで中間マージンが省かれ、価格が安くなるのであれば消費者としては歓迎すべき事だと思います。インド雑貨なども将来的には製造元から直で購入する日が来るのかも知れませんね。
posted by asiahunter at 19:52| Comment(0) | ■商品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

Apna Bazar

インド人増加地帯である江東区大島にまた一つ、
インド系グローサリー店がオープンした。その名も『アプナ・バザール』という。


お店の代表であるパテルさんは長年在日インド系食材店に勤務してきたベテランで、日本語も堪能。



ここにアジアハンター商品も一部、委託販売しています。直接、現物を手にとってご確認したいお客様などおられましたら、是非足を運んでみてください。

店名:Apna Bazar
場所:江東区西大島4-1 7-111号
電話:03-5875-4401
web: http://www.apnabazar.jp

posted by asiahunter at 18:18| Comment(0) | ■商品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

■インド仕入・リクエスト承ります


■トップページにも記載しました通り、
アジアハンターは来月より、毎度おなじみインド仕入に参ります。
この間の発送作業は例によって滞りますので、申し訳ございませんがご了承下さい。

今までインド産物でどうしても入手が出来なかったモノ、日本ではどこにも取り扱いが無いようなモノなどのリクエストもこちらのメールフォームから承ります。Nothing is Impossible. どうぞよろしくお願いいたします。


posted by asiahunter at 12:11| Comment(0) | ■商品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

オリッサ・サリー・リクエストオーダー

パンジャービーに続きまして
オリッサ・サリーのリクエストオーダーのページを
作成しました。↓
http://www.asiahunter.com/Dance_Costume/odissi_order.htm
ご興味のある方は是非ご覧ください。

この様に頻繁に更新していると余程ヒマかと思われるかも知れませんが、逆にとても忙しく、この文なども夜中に自分のPCで打ってフラッシュ・メモリーに入れてネット屋からコピー&ペーストしているだけです。
このようにとても多忙なため、ご連絡など遅くなりまして申し訳ございません。ご連絡など全て受け取れていますので、宜しくお願いいたします。
posted by asiahunter at 02:15| Comment(0) | ■商品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

パンジャビーのオーダー採寸ページ

現在アジアハンターはインド・デリーに居ます。
パンジャビーのオーダー採寸ページを作りましたので、
ご興味ある方よろしくお願いいたします。

インドではレディメイドのものであっても、例えば日本でズボンのすそ直しをするのと同様全て身体に合う形に加工します。
せっかくのインド衣装、是非ジャストフィットするように
オーダーしてみては如何でしょうか?
http://www.asiahunter.com/Net_Order_Punjabi/Order_Punjabi.htm

尚、多くのご注文・リクエストメールありがとうございます。
時間的余裕がなく全てに返信する事が出来ませんが、全て承っています。
posted by asiahunter at 16:32| Comment(2) | ■商品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

■インド仕入・リクエスト承ります

 
■トップページにも記載しました通り、
アジアハンターは来月より、毎度おなじみインド仕入に参ります。
この間の発送作業は例によって滞りますので、申し訳ございませんがご了承下さい。

■アジアハンターは延べ5年に渡るインド滞在(居住及び放浪)期間中の情報収集によってインド全土に濃密なネットワークを持っています。
食器・雑貨・お香・書籍・CD・装飾品・衣装・サリーなどのご依頼・リクエストなどございましたら、何でも承ります。
インドでの行き先ですが、南はタミル文化圏・カンナダ文化圏・テルグー文化圏、北はデリー文化圏・ベンガル文化圏・オリッサ文化圏の予定です。(今回はかなり隈なくハードに巡る所存です)
今までインド産物でどうしても入手が出来なかったモノ、日本ではどこにも取り扱いが無いようなモノなどのリクエストもこちらのメールフォームから承ります。Nothing is Impossible. どうぞよろしくお願いいたします。



■(06年6月12日追記)
現在タイのバンコクにいます。飛行機乗り継ぎの関係で明日まで滞在し、それ以降はまずチェンナイからインド・インします。
今回CNCの師匠であるUMA先生ご一行の来日・滞日のお手伝いさせていただいたのがご縁となり、バラタ・ナーティヤムの総本山であるカラー・クシェートラ関係者と懇意になり、チェンナイではバラタ・ナーティヤム関係・カルナータカ音楽など相当、重点的に仕入れ可能なので、その種のリクエストなどご希望される方はなるべくお早めにご連絡下さい。
またこれまで多くのリクエストいただきありがとうございます。
全てになかなかご返信出来ない状況ですが、全て承っています。


posted by asiahunter at 14:18| Comment(0) | ■商品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

ラーマヤナ及びマハーバーラタのDVD

現在、アジアハンターはタイ・バンコクにいます。
不在中、多くのご注文・リクエストをいただきましてありがとうございます。
発送の遅れなど誠にご迷惑おかけいたしますが、責任持って帰国後迅速に発送作業に入りますので、今しばらくお待ち下さい。

さて、私はバンコク滞在時は必ず『パーフラット』地区にあるインド人街を訪れるので、この付近の在タイ・インド人たちとも既に顔見知りです。
そんな顔見知りの内、ビデオやCDなど扱っている店主からオススメがあると手招きされ、大切そうに見せられたものが、インド神話の二大叙事詩である
『マハーバーラタ』『ラーマーヤナ』のTVドラマ版DVDでした。
『マハーバーラタ』はクリシュナ神、『ラーマーヤナ』はラーマ神が主役の言わずもがなの神話であり、桃太郎や西遊記その他全ての東〜東南〜南アジア諸国に於ける古代〜中世に至る創作話全てに影響を与えたという作品で、ストーリーの面白さから何度か映画・ドラマ化されてきました。(例えば『西遊記』がドラマ化されるように)

ただ両DVDシリーズ共に、各16巻からなる大部のもので、今まで仕入れようと思いつつ、なかなか決心出来なかったものです。
こちらを送料弊社負担で16巻セット 19,200円で代行購入いたします。
こちらをご覧の方で購入ご希望の方がいらっしゃいましたら、
master@asiahunter.com
迄、ご一報下さい。
迅速にご連絡さしあげます。
(尚、DVDに限りがございますので品切れの場合は何卒ご了承下さい)

 ramayan
mahabharat
posted by asiahunter at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ■商品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする