2017年07月29日

UP州出身ギャンさん宅での家庭料理


先日印度料理研究会に行った折、北インドのUP(ウッタル・プラデシュ)州東部、ミティラー画で有名なビハールのマドゥバニにも近い町の出身のギャネンドラさん(通称ギャンさん)という男性インド人と知遇を得た。ベジタリアンで料理が趣味というなかなか珍しいタイプの北インド人男性で、UP州東部やビハール州の料理の話を聞いている内に次第にギャンさんの手料理をご馳走になる方向性に話しが向かっていく。インド料理は家庭の味が最上位なのでこうした機会に恵まれた場合、可能な限り無理をしてでも食べさせていただく事にしている。数名のインド料理好きな方々をお誘いして訪問する事となった。





行く前にチラッと聞いていたが、リッティ・チョーカーを出してくれたのには驚いた。まさかリッティが日本で食べられるとは。
リッティは西のラジャスタンではバッティとも呼ばれるアタやベサン粉で出来た硬い団子状のロティ。本来ならば乾燥牛糞のゆるやかな火でゆっくりと調理されるのが一番美味しいとされる。
チョーカーは東インドのバルタにも共通する、野菜数種をよく煮込んでドライなディップ状にした付け合わせでリッティにはこのチョーカーがだいたいセットになる。



それ以外に、
チャナーのダール
キャベツ・ジャガイモ・チャナのサブジ
プーリー
ウラッド豆のワデ
キャベツとキュウリのライタ
青唐辛子のチャトニ
クミンを入れたバターライス
をご馳走になった。



どれも非常に丁寧な料理され、油っこさや強目の味付けとは無縁の優しい北インド家庭の味。ギャンさんも多くのインド人同様、田舎のお母さんの料理が一番美味しいといい、趣味の料理もお母さんをお手本にしているという。北インドの田舎の家庭にごはんを食べに行きたくなった。



#インド人家庭でいただく食事シリーズ
posted by asiahunter at 00:00| Comment(0) | ■在日インド系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: