2017年07月27日

オリッサ出身者宅でいただいたダールマー




とある用事を頼まれ、江東区大島団地在住のオリッサ出身者のお宅に伺う機会を得た。やや遅い時間帯だが晩御飯はこれからだという。






「オリッサ出身という事はダールマーなんかが晩御飯のメニューに上がったりするんですか?」と何気なく聞いたらビンゴだった。ちょうど鍋の中で出来立てのダールマーが湯気を立てている。






ダールマーに合わせるのはチャパティで、付け合せにインドから持参したというアムラのアチャールも食べるという。アムラは柑橘系の果物で、インドではアチャールの他色鮮やかなジュースの材料となったりする。和名はユカンというらしい。



インド人の台所に興味があるので写真撮っていいですか?とバシャバシャやっていると「ちょっと食べて行きますか?」と待っていた言葉が。インド料理は家庭の味が最上位なのでこうした機会に恵まれた場合、可能な限り無理をしてでも食べさせていただく事にしている

ダールマーは南インドのサンバルにも似た味わい。ドーサにも合いそうだが、オリッサにドーサは無いがピターという米粉を焼いた料理はある。そうした料理も家庭でよく作るという。アムラのアチャールも特有の酸味で美味い。素朴ながらも滋味深い味わいで、オリッサ料理への興味が更に増した。





#インド人家庭でいただく食事シリーズ
posted by asiahunter at 00:00| Comment(0) | ■在日インド系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: