2017年06月27日

【インドネシアのインド系】ジャカルタのグルドワーラー Yayasan Sikh Gurudwara






ジャカルタ市内にも3軒のグルドワーラーがあり、建物としては最古のYayasan Sikh Gurudwaraへ(1955年建立)へ。‪住宅地の中に現れる非常に大きく立派なグルドワーラーであるが、このPasar Bharu地区がジャカルタの街で最もインド人が多い一角である。


中は非常に大きい。


荘厳な雰囲気の漂う礼拝室。



頭を覆う布を借り参拝した後、熱心な奉仕者の方々が巨大な厨房でランガル(無料の食事供与)の下準備をしているところを見学し、そしてランガルをご馳走になる。内容はチャパティ、チャナーマサラ、ダールマッカニー、キール。シンプルながら滋味深い味わい。食べ終わった後は自らターリーを洗い場に下げて自分で洗って片付ける。

















ちなみにジャカルタ最古のグルドワーラーは1925年建立のTanjung Priok Gurudwaraだったが、10年前に取り壊し別の場所に移転したという。







グルドワーラーでは毎朝キールタン(グルの賛歌吟詠)が生楽器によって奏でられる。そのキールタン奏者のBachiter Singh Riarさんによるとジャカルタには約500家族のスィク教徒が居るという。
posted by asiahunter at 00:00| Comment(0) | ■世界のインド人街から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: