×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

2017年05月30日

常総市 Markaz Muhammad Alay Muhammad モスクのイフタール


先日イランレストランJAVANに行った際にシーア派ムスリムの事を教えてもらい気になって調べたら常総市と三郷市に国内二つのシーア派マスジドがある事が分かった。その内の一つである常総市のMarkaz Muhammad Alay Muhammad モスク(マーフレストラン併設)を訪問。たなびくアラム(旗)alam ghazi abbasが荘厳な雰囲気を醸し出す。



時間的に日没ギリギリに到着したが、シーア派のイフタールはスンニー派より10分遅れて始まるという。ごく僅か軽くお祈りした後にイフタールを食べ、その後お祈りになる。シーア派だからと言って特に特別なイフタールという訳ではなく、デーツで始まった後カットした果物、パコーラ、チャナーのサラダ、ダヒ・キ・パコーレなどを食べる。





実はシーア派とスンニ派で何か異なったイフタールを食べるのかが気になっていたのだが、特にそのような事はなく他のマスジドなどで見られるようなごく一般的なパキスタン人のイフタールだった。むしろ宗派による差よりも国別の差の方が大きいようである。





イマームはデリーから招聘した方。パキスタンからの招聘はビザその他の問題で難しいらしい。読経のアラビックは分からないが、時々見学させてもらうスンニ派の参拝方法とは明らかに異なる手順。











このように読経の途中途中で皆立ち上がり、互いを祝福するようなハグなどをする。
これが読経中3回ほどあった。





その後は併設のマーフでマトン・マサラ。昨日のペシャワリ・マトンが美味かったのでマサラ少なめにと言ったのが裏目に出た。コックのアフメドさんはパキスタン最奥地スカルドゥ出身なので出来れば地元の味で作ってくれれば良かったのだが…



posted by asiahunter at 00:00| Comment(0) | ■在日ムスリム系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。