×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

2017年04月09日

【ナマステ福岡への道 vol.9】那覇市内のファミマでバングラデシュ青年との邂逅


胎動するネパール人社会を十二分に堪能した後、車を福岡空港の駐車場に預けて空路、人生初の沖縄へ。宿泊先はゲストハウスで門限ではこそないものの、23時迄には到着して欲しい由の連絡を受けていた。しかし空港に着陸したのが22時30分、そこから急いでタクシーで宿へ。タクシーの運ちゃんが月挑だと言ってるのにロクに調べもせず月挑庵という別の店に付けたのでイライラさせられる。夜だというのに半袖で充分な蒸した気候といいまるでこの雰囲気はヒンディー語こそ喋っていないが正に北インドである。

そんなこんなでたどり着いた宿の受付の人は拍子抜けする程穏やかな人柄で、沖縄初日から振り回された印象。とりあえず頭を冷やす必要を感じ冷えたお茶でも買おうと宿から一番近くのファミマへ。



そこに雑誌の整理をしていた色黒の若い男性が居て我慢できず思わず話しかけた。
『あなたはネパール人ですか?』

サビールさんというその男性はネパール人ではなくバングラデシュ人留学生で、沖縄には兄弟で住んでいるという。沖縄在住ネパール人は多いと聞くが、バングラデシュ人はどうかと聞くと、那覇市内に在住のバングラデシュ人は5〜6人ぐらいではないか。沖縄モスクに来るムスリムの中で多数派はパキスタン人だが正直なところまだ沖縄に来て日が浅いのでよく分からないという。



話題を変えて、イリシ・マーチやルイ・マーチ、チニグラ米のビリヤニ、ベイガン・バジャ、ボッタやバジなんかのバングラデシュ食材調達は困らないですか?と思いつく限りのバングラデシュ料理を並べて知ったかぶりして聞いてみると、スマイルホテル近くにネパール人の経営する食材店があり、そこでハラール食材が入手出来るとの事。沖縄滞在中ぜひその店も訪ねてみたいし、宿から一番近いコンビニなので再訪して彼と気心知れた仲になり、あわよくば夕飯に招いてくれないとも限らない事を夢想しつつコンビニを後にした。


posted by asiahunter at 22:00| Comment(0) | ■在日ムスリム系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。