×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

2017年04月08日

【ナマステ福岡への道 vol.4】岡山パイシーパイス


朝8時頃浜松を出て約4時間弱、京都も大阪も神戸も素通りし急ぎに急いでお昼過ぎに岡山到着。お昼に岡山にどうしても到着していなければならない重大な理由があった。



今年2月にオープンしたばかりのパイシーパイスさんには何度か食器の件でお世話になっていて、岡山に行ったら是非ご挨拶かたがた食事をしたいと思っていた。店主の奥様が綴られているブログも興味深く拝読し、旦那さんはケーララの出身である事やお店ではケーララのミールスを出しているとの事前情報に心躍らせていたが、営業時間がランチのみとのことで、これは何とか間に合わせなければと、それで急いだ次第である。

1階はカウンター、2階は畳の部屋になっている。少し遅い時間だったがカウンターはほぼ満席。一人2階に上がらせてもらった。





オーダーはスペシャル・ミールス。ココナッツの風味のチキン、サンバル・ラッサム・パリップなどケーララテイストが優しく美味い。 #ちなみにこのインド食器はアジアハンターでお求めいただけます





旦那さんのシャビさんはケーララのマラバール地方、マッラプラムの出身で家系的にアラビア系商人の末裔という、由緒ある家柄のご出身。特にマラバール地方のマッラプラムは古くからアラビアとの交易が盛んで、その際にもたらされたアラブ語(アラビ・マラーヤラムと呼ばれる)で記述された叙事詩や歌などが祭礼や婚礼の場で吟じられるが、こうしたアラビ・マラーヤラムを読める人自体が少ない。彼のお父さんはそれが読めるという。またモプラ料理(=マラバール料理)の話など興味深く伺い、カイマライスという、マラバールに於いてビリヤニのみに使う米で作ったビリヤニ・イベントも行いたいという。近ければ是非はせ参じるのだが…





posted by asiahunter at 00:00| Comment(0) | ■在日インド系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。