×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

2016年12月22日

【カンヌール】KaipunyamでFish curry mealsとkoonthal Tawa fry







カルナータカ州クールグからケーララ州カンヌールへ。これでようやくケーララ州に入った。
標高が高く山懐深いクールグでは朝晩寒い程だったのに標高が一気に下がって非常に蒸し暑くなる。




ホテルを見つけて荷物を置き、早速近くにあったKaipunyamマラバール・ムスリム料理(Moplah Cuisineと呼ばれる)をオーダー。




Fish curry meals(ケーララマッタライス、オーラン、チャマンディ、クートゥ、トーレンがターリーに乗っていてサンバルとフィッシュカレーとタイルがカトリで出される)
素焼きの容器にはカードで作るpullsseryが入っている。これらはウエイターのナセル氏というオジさんが一つ一つ親切に教えてくれた。


koonthal Tawa fry(イカの鉄板スパイス炒め)


Beef Tawa fry(ビーフの鉄板スパイス炒め)


タイル

koonthal Tawa fryがスパイシーかつコクがあって絶品。割と辛めだがイカ本来の甘みが噛むごとに口に広がる。ケーララライスがどんどん進む味でもあり、もし飲めるのであれば酒にもさぞかし合いそうな味。







レストラン周辺には味のある野菜や乾物のバザールが広がっていて情緒ある雰囲気が素晴らしい。乾物屋が多く、更に吊るしてあるかつお節?もある。ケーララの料理にもかつお節を使うのだろうか。調理器具だけでなくこうした部分にもスリランカとの共通性が感じられる。















posted by asiahunter at 00:00| Comment(0) | ■インドの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。