×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

2016年09月20日

【福岡インド紀行vol.7】ラフマーン授賞式及びラフマーン・オフ会

今回の福岡行の本来の目的はラフマーン授賞式を見る事だった。改めて整理券を手にカシマワーラーとカタオカさんと共にかなり早めにアクロス福岡へ向かうとさすがラフマーン、何人か既に並んでいる。そしてその内続々と見知った顔が…。なんどりのイナさんにはこの場で頼まれていた書籍を納品(笑)マサラワーラー他、仮にここが東京であったとしてもあまり違和感のない顔ぶれという。



そして開場〜開園。サラーム海上さんがインタビュー形式でラフマーンとトーク。そして演奏。90年代のインド滞在中はBombayやDil Se...やLagaanなどテープが伸びるほど何度も聞いたあのA.R.ラフマーンが目の前でトークし演奏している姿に感動。会場でチャイヤチャイヤ聞いたが改めてインド映画音楽史上に残る名曲だと実感した。








生ラフマーンを目撃したのは初めてだが、15〜6年前たまたまチェンナイ滞在中に松岡さんが来印し、ラフマーンの出世作を監督したマニ・ラトナム邸にお伺いした事など懐かしく思い出された。会場には松岡さんもいらっしゃり、久しぶりにご挨拶出来た。


↑マニ・ラトナム監督と

その後106 South Indian Restaurant福岡店で山口さん主催の約30人のオフ会に参加させていただきました。福岡在住のインド関係の皆さんともご挨拶出来て有意義だった。





出された料理はボンダ、ラムチョップ、チキン65、ビシベレバート、ビリヤニetc











実は106が北九州に出来たばかりの頃に一度訪問しているが、その時のことを店長さんが覚えていてくれた事と、オフ会で初めてお会いする方々が少なからずアジアハンターをご利用頂いていた事に感動。





posted by asiahunter at 00:00| Comment(0) | ■インド系イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。