×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

2016年05月23日

相模原ナマスカール初訪問

相模原にあるシリサという印ネパ店に仕事で行き、帰途前々から行きたかった相模原ナマスカール初訪問。ディナーのケーララ・スペシャルミールスをオーダー。






食欲を刺戟するサンバラム(マラヤラム語でソルトラッシー。タミル語ではモルというらしい)からスタートし、魚(ツナ)のカレー、マトン・カレー、ポリシェリという大根と人参の入ったヨーグルトベースのカレー、ブラックチャナーのポリヤル、サンバル・ラッサム、焼き具合が絶妙なパロタetc。ツナのカレーとポリシェリが特にごはんによく合い、手食じゃなければもったいない気になる。デザートはイチゴのアイス。





オーナーご夫妻はケーララに多いクリスチャン。しかもなぜか初顔合わせなのに既にFBフレンドだった(笑)食肉のタブーもなく、ケーララの豚肉料理、牛肉料理の事などお店備え付けのケーララ・クリスチャン料理本を開いて事細かに教えてもらった。中でも印象的だったのは、KottayamコッタヤムやPaleパレはキリスト教が多い街ではビーフやポークなども普通のレストランにあるし、トディ・ショップ(飲み屋)ではアテとして豚料理も置いているらしい。思わず次の旅先をケーララにしたくなる。


オーナーさんが親切に何でも熱心に質問に答えてくれるのでつい長居してしまう。その国に対する印象はその国の観光局や政府がいくら金をかけて宣伝するより、こうした雰囲気の良いレストランとの一度の出会いでガラリと変わるものである。


posted by asiahunter at 19:00| Comment(0) | ■インド料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。