×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

2015年09月30日

サンジャ・サマージのTEEJ祭

2015年のティージ初めは豊島公会堂でサンジャ県出身者のコミュニティー主催のティージ。
開催は2015年9月12日(土)毎年この時期になると興奮が高まるのをいかんともしがたい。



16時とチケットには記載なのに17時からに変更。1時間もズレたのに集まったネパール人は文句一つ言わない。あらかじめ遅延は想定の範囲内らしい。

たまたま来ていた吉祥寺のナマステカトマンズのシュレスタ社長と時間潰しに居酒屋へ。久しぶりにフツーの居酒屋に入った。その後山木さんと合流。会場近くの公園には美しくド派手に着飾ったネパール女性たちがたむろしている。カメラを向けるとすすんで被写体になってくれるのがありがたい。







会場は池袋にある豊島区公会堂。4-500人ほどのキャパだろうか。



会がはじまる前は一同皆、起立してネパール国家斉唱。そしてイベントに先立ちこうした行事には定番の、日本におけるネパール人社会に貢献のあった人たちを表彰する顕彰儀礼が壇上で行われる。



一人一人に首から布(カタ)をかけナマスカールする。



そして恒例のゲストとして呼ばれたネパール大使のあいさつ。

こうした格式ばった儀礼が終わると、本国から招へいした歌手などがステージで歌(サンギート)を歌い始める。次第にノってきた女性たちが徐々に壇上に進み、最終的には来場者のはんぶん相当数の女性たちが壇上で音楽に合わせて踊る。その様は圧巻の一言に尽きる。













ティージは元来妻が自らをパールヴァティー女神になぞらえ、断食と沐浴して夫の無事を祈願する祭りだと思うが、そのような由来は全く感じさせず、着飾った女性たちが情熱的にネパールから招聘された歌手の歌に合わせて踊っている。


posted by asiahunter at 22:41| Comment(0) | ■在日ネパール系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。