×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

2015年05月24日

富山紀行vol.2 DIL訪問

カシミールでビリヤニを食べ満腹になったものの、せっかく憧れの射水市まで来ているのだからなるべくいろんなお店に行きたい、という事でランチをハシゴすることにした。
カシミールから同じ富山高岡バイパス上(8号線)にある富山県射水市のDILへ。





昼の遅い時間帯に行ったら先客が一人だけ居た。ハッジ帽子をかぶった近くのモスクで教育係をされているカラチ出身のイマームで、額には祈りタコが出来ているヒゲの長い敬虔な外観。来日3年だが殆ど日本語が出来ない。こちらがウルドゥー語(ヒンディー)が分かると熱心に教義についての話が始まる。



そのイマーム然とした姿に思わず写真一枚いいですか?と聞いたらダメだという。パスポートや免許など最低限しか写真は撮らないらしい。通常は自炊することもあるが外食の場合は美味しいから大体DILで食事するという。いろいろと話が盛り上がったので後でモスクにも立ち寄ることにした。



5時間煮込んだという金曜メニューのニハリとナーン。柔らかくて食べ応え充分。やや青唐辛子が多く入っていたものの素晴らしかった。



コックさんは北インドのガルワール出身。他にも厨房で勤務しているのはガルワール出身者のみで、ネパール人コックは居ないらしい。多くのパキスタン系のお店には少なからずネパール人従業員を雇用している所が少なくないが、パキスタン系のお店は雇ってもせいぜいインドのガルワールどまり、という店もあり、そうしたところに独特のこだわりを感じさせる。



名前が白鳥さんというイケメンの日パのハーフの二代目オーナーさんがレジをされていた。毎週金曜はパキスタン客で忙しいので応援に来る。射水市内の他のパキスタン店オーナー同士の仲は良く、最近出来たホットスプーンなどとはお互い貸し借りする仲だという。そのホットスプーンにはディナー時に伺うことにした。


posted by asiahunter at 19:34| Comment(0) | ■在日ムスリム系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。