×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

2015年02月17日

豊平峡のインド料理



札幌市郊外の定山渓温泉郷の中に豊平峡という野趣あふれる露天風呂で有名な日帰り温泉地があり、そこの食堂の名物がインドカレーという。実は数年前にこちらから食器のサンプルオーダーをいただいた際にその存在を知った。今回はせっかく札幌市まで来たのだから雪見露天温泉を、と探したところ見つかったもので後から以前コンタクトいただいていた所だと気が付いた。





尚、札幌市から定山渓温泉郷へ向かう道すがらに横浜・白楽にある有名なサリサリカリーの本店?ともいうべきカラバトカリーを通り過ぎる。(残念ながら今回は立ち寄れなかったが)

雪深い慣れない道をこわごわ走らせること一時間、豊平峡に到着。驚くことに平日昼間なのに非常に混んでいる。豊平峡入り口脇がいきなり食堂になっていて目立つ。豊平峡は朝10時開場だが到着したのが11時で、取り急ぎ食堂へ。外国人のツーリストも多いが彼らもカレーとナンを食べている。







中で働いているのは、こうした場ではほぼ当然のことながらネパール人で、オーナーの創作なのであろう「チャーシューナン」「(モモの中身をナンの上に乗せた)モモチャ」などのユニークなメニューがある。温泉地という高揚感と好奇心からついオーダーしてしまう。







こちらの二代目オーナーさんが約20年前にススキノでインド料理店をやっていて、この温泉を引き継ぐ際に食堂の半分をインド料理店化したという。インド料理と温泉の双方好きにとっては興味深い場所であることは間違いない。





posted by asiahunter at 09:14| Comment(0) | ■インド料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。