×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

2014年08月21日

デリーで味わう北東州料理

南デリー在住の日本人友人宅に行った際、ここ最近北東州(アッサム/ミゾラム/ナガランドetc)からの若い学生または社会人などのデリー流入が目立つという話を聞いた。10数年前にデリーのサフダルジャン・エンクレイブに住んでいた時も、上の階にはアッサム・ナガランドなどの学生が数人集団で住んでいて周囲の賃貸部屋にも彼らの友人など確認していたが、最近は北東州出身者相手の飲食店なども出来てきてさながらリトル北東州的に見えなくもないという。サフダルジャン・エンクレイブでも内部には若干賃料の安いエリアがあり、そういた所に集住しているようで、実際案内してもらうと周囲はさすがにリトル北東州とまではいかないが、確かに北デリーのチベタン居住区マジュヌー・カ・ティラーを更に小規模にした感じの一画が出現した。せっかくなのでチベット・北東州料理を食べることにした。











まず近くのチベット料理DRUKへ。実はミゾラム・レストランが友人宅すぐ脇にあり、実はそちらに行きたかったが誤って素通りしてしまった。経営者はダージリン出身で、出しているのはチベット料理が中心。メニューの名称を見ても半分ぐらいは分からない。






BUFF GHUMA(牛血のソーセージ) 100rs


SHYA PHALAY(パイ生地で包み揚げたポーク) 60rs/pic
※先日訪れた戸越のマナンダイニングで若干ローマ字の綴りは異なるが、同じメニューを見た。


CHICKEN MOMO 70rs


BUFF CHOWMIN 90rs


MUTTON THENDUK(スープ入りの平打ち麺) 100rs

----------------------------------------------------------------------------------

別の日、デリー駐在邦人のOさんに招待されてGreen ParkにあるNagaland Kitchenへ行った。



彼の居住しているサケット周辺にも北東州出身者が増加傾向らしい。Nagaland州の料理というのが全く想像つかないが、内装は竹材などを多用したNagalandを意識した作りになっていて、また客層もデリー在のNagaland人というより富裕層のインド人(デリー人)が、普段は口にしない珍しいNagaland料理を洗練された店で楽しむ、というコンセプトが感じられる。店内スタッフもガルワール出身者が多い。なので上記のチベット料理屋のような在デリーの同郷出身者相手をターゲットにした店ではない。そういう店はこういう地代の高い場所でなく、彼らのコミュニティー内に存在するのかもしれない。

ちなみにNagaland KitchenのあるGreen Park, Near Upahar Cinema Complex/Upahar Cinema は既に10数年前に火事で焼失しているがいまだにこの映画館名称が地名として残っている






ウナギ料理/ただし干物のようで固く塩っぽく、日本でなじみのかば焼きからは想像出来ない味。


骨付きのポーク/北東州の料理は食材としてブタが多用される。そして日本ではあたかもサブ的扱いの脂身が赤身と半々ぐらいに存在感がある。


見知らぬ料理名ばかりが並ぶ未知の店では、味の想像がつくモモがある種の保険のような位置づけになる。

-----------------------------------------------------------------------------------

Nagaland Kitchenに行った際、やはりアッサムを中心とした北東州料理を出すrosangという店が近くにあった(店名は『神からの贈り物』という意味らしい)。気になったので後日インド人の友人と共に訪問した。




珍しく女性のホールの方が居る




メニューを見ても分からず店員に説明してもらってもなかなか分からないため、とりあえずCombo-Mealsと記載のあったセットメニュー(499Rs)をオーダー。


他にVaksaというブタ肉料理 320Rs


またメニューに記載は無いが「ライス・ビール」という表現で、米から作った薄い酒(150Rs)も味わうことが出来る。ちなみに許可証が無いのかレシートにはNorth East Beverageと記載されていた。このライス・ビールはアッサムでは『ラオパニ』、マニプリでは『アティンバ』、アルナチャルでは『チャン』と言うらしい。

インドは何度も来ているが、北東州は未訪問。ただ最近はミャンマー〜インパールへ抜けるルートも開いたようだし、昔に比べ旅もしやすくなったようなので、気候のいい頃を見計らって機会があれば是非行ってみたい。


posted by asiahunter at 21:27| Comment(0) | ■インドの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。