×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

2013年10月30日

御徒町ディワリー2013

数年前から行きたいと思っていた御徒町のジャイナ教系コミュニティのディワリーに行く機会を得た。以前確認した限りではドレスコードがあったり紹介が無ければ不可だったりなど、jainコミュニティ内のごく限定的な集いであり、当然ながら外部の者ましてや日本人など部外者であり全く彼らの眼中にない。外部の者にしたら他のインド系ディワリー・イベントに比べ比較的閉鎖的で入って行きにくい印象、従って行われているのは数年前から知りながら、なかなかその内部を垣間見る機会は得られなかった。今回御徒町で商売をする知人(インド人)を介してたまたまイベントのチケットを入手出来たので、初めて御徒町ディワリーを見ることが出来た。



台東区のラ・ベルオーラムという大きな結婚式場の地下2Fが会場となる。ここに着飾った主に宝飾系のビジネスに従事するジャイナ教系インド人が数百人集まり、インドから招聘した芸能人などのステージプログラムやケータリングの食事を楽しんだ。子供がステージに上がったり、当初は大人しく聞いていた聴衆も飽きて立って移動をはじめたり私語がデカくなったり勝手に踊ったりというグダグダ感が、インドのイベントらしくて雰囲気がとてもいい。 日本では普段あまり目にする事の無いゴージャスなサリーやパンジャービーの女性たちも多く思わず目を奪われる(御徒町のジャイナ教系インド人はリッチな人が多い)。ちなみにアンビカの社長一族なども来ていてご挨拶した。



ちなみにディワリーの祭日、北インドのヒンドゥー教徒はラクシュミー女神に対するプージャを行う(ちなみに2013年は11月3日の18:02〜20:35がラクシュミー・プージャーの時間とされている)。この祭りは北インドのヒンドゥー教徒の祭りだが、同様に北インドに分布するジャイナ教徒やスィク教徒にとっても祝日としてイベントを行う場合が多い。ただしラクシュミーがヒンドゥー教神格であることから信仰的なイベントではなく、感覚的には日本人がキリスト教徒でもないのにクリスマスを祝うのと近いだろうか。従ってステージ上にラクシュミー女神像などは当然ながら無い。



尚、ディワリーを大きく祝うのは北インドのみで、南部4州では同じヒンドゥー教でも非常に小規模に祝われるらしい。たまたま本日バンガロール出身のインド人と話す機会があったのでその理由を聞いてみたら、ビジネスに熱心な北インドで強く信仰されるのが富の神ラクシュミーだが、南インドではビジネスよりも哲学や教養などを優先するからラクシュミーへの儀礼のプライオリティが低いのだ、と語っていたが、これはおそらく間違いで、そもそも地方宗教の集合体であるヒンドゥー教の中で、ラクシュミー女神の出自が北インドだったのと、ディワリーは収穫祭の側面もあるがそもそも北と南で収穫時期が異なるからなのだろう。

さて、当日仕事で遠くまで行っていたため遅れて会場に着いたので、既にステージ上ではインドから招聘したという芸能人が立ってショーが始まっていた。集まった人たちは400人以上という。



芸能人はステージ上で漫談のようなトークをしつつ、その合間合間に女性歌手が登場したり形態模写の芸人が入ったりするという、アジアでよく見られるようなスタイル。トークの内容は、例えば日本とインドの違い、日本の整然とした交通マナーとインドの滅茶苦茶なのを比べて、いったんインドを落として笑いを取り、「しかし私たちのインドは独立以来頑張ってきた…」と『独立』『私たちのインド』など故国を離れたインド人が好きなキーワードを並べて郷愁を刺激。またパキスタンの悪口もお決まりな感じ。パキスタンのクリケット選手と結婚したテニス選手のソニア・ミルザを皮肉ったり、近頃の玉ねぎ価格高騰への苦情、バジパイ首相/シン首相のマネなど、日本のテレビ芸人などに比べるとずいぶん古いスタイルのように感じるが聴衆は皆手をたたいたり口笛を吹いたりして笑っている。多弁昔の日本の芸能もこのような漫談がメインだったのではなかろうか。インドの一般大衆がどのような娯楽を求めているのか、またその内容などが把握出来て非常に興味深かった。

こうした漫談の合間に、トレイにサモサやスナック類、お菓子(ミターイー)を載せたウエイターが会場内を回ってコバラの減った客たちにサーブして回る。この光景はインドのパーティーや結婚式などで目にするものと同じである。



芸能人たちはムンバイから招聘され、中にはFIlmafare Awardの幕間で形態模写を演じた芸人もいて、ラージ・カプールとかラジェーシュ・カンナーとか古いのばかりながら喝采を浴びていた。尚こうした観劇の最中、ウエイターが大きなトレイにパコーラやサモサ、ミターイーをもって席を回り、お客たちがめいめい取っていくスタイルはインドの結婚式パーティーなどでもよく目にするスタイルで、ここでも踏襲されていた。

18時を回り、待ちに待った食事タイム。プログラムにはJain-FoodとNon Jain-Foodを選択可、と記載があり、同じ菜食ながらタマネギや大根などの根菜類やニンニクなどすら摂らないというJain-Foodも食べられる形式になっていた。こうした原理主義的な食事スタイルは一部クリシュナ信仰形のヒンドゥー教徒にも存在する。一体、タマネギとニンニクを使わないインド料理が美味しいのかかねがね疑問だったので、とりあえずJain-Foodをいただいた。ダールマッカニ風のもの、パニールを使ったクリーミーなもの、クシに刺したパコーラ風のものなどいずれもコクもあって美味しい。ナーンは非菜食なので当然ロッティで、こちらもしっかりとした味わい。全く同じメニューのNon Jain-Foodの方も食べてみたが、何となくコクという点ではJain-Foodの方が勝っている気がした。




ジャイナ教徒の地元ラジャスターンの食事を彷彿とさせるロッティが数種類並んである。
菜食のため卵の入っているようなナンは出ない。


クリーミーで濃厚な野菜カレー




↑上のクシを通したものは野菜を揚げてカバーブ風にしたものだった
下はイドリー。別皿にホワイトチャトニーとグリーンチャトニーが準備されている。







posted by asiahunter at 22:50| Comment(0) | ■インド文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。