×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

2013年08月22日

バンコクのナームダーリー派グルドワーラー

地下鉄Asoke駅からほど近い場所に、バンコクでよく目にするナームダーリー・スィク教徒の寺院(グルドワーラー)がある。(ナームダーリー派の寺院は全世界にあり本拠地はパンジャーブ州LudhianaにあるBhaini Sahib)



門をくぐるとそこがバンコクであるのを忘れさせるかのような静かなグルドワーラーが木立に囲まれ佇んでいる。しかしラチャダーピセーク通りを挟んだ対面には有名な風俗街ソイ・カウボーイがあり、そのタイ的なギャップに戸惑いを禁じ得ない。



ナームダーリー派はスィク教の改革派で、ラーム・スィングによって1800年代にパンジャーブ州Ludhiana近郊で誕生。対英独立運動で逮捕されたラーム・スィングがラングーンに流刑、1872年にはパンジャーブ州Malerkotlaで英軍の砲撃により66人のナームダーリー派兵士が殺害されるなどした。フリーダムファイターとしての評価は(それが全インド的なムーブメントになる前に)非暴力的手法で英国に立ち向かった点で知られている。





グルに対する解釈その他教義上の違いはあるが、一般のスィク教(カールサー派)との分かりやすい差異としては菜食すること、白い服と白いターバンを巻くこと、ターバンの巻き方として傾けず、大地に対して平行に巻く事など。その目立つ外見も含めてバンコクの市場ではよく目にする存在で、実際に経済的に成功している企業人も少なくないという。









グルドワーラーに入る時は髪を布で覆うのは世界共通。入口脇のプージャリーからアムリタ(甘露水)をスプーン一杯もらい、すする。また甘いプラサードもいただいた。



訪問した時、ちょうど数時間前まで結婚式と披露宴パーティーが行われていたという。百人以上が集まり菜食料理の宴が行われていた残骸がそこここに見られる。あと数時間早ければその様子を観れたのに残念だ。



パフラットなどのインド人街だけでなく、スクムビットやプラトゥーナームなどのインド・レストランのオーナーなどもナームダーリーは少なくない。従って旅行者でも意外に彼らとの接点はある。


posted by asiahunter at 14:16| Comment(0) | ■東南アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。