×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

2013年07月08日

シェムリアップのインドレストラン

アンコールワットで有名なカンボジアのシェムリアップにもインドレストランは存在する。しかも決して大きくない街にもかかわらず13〜14軒ものインドレストランが存在するという。その中には北インドまたは南インド出身者が経営している店もあれば、パキスタンやスリランカなどインド周辺国、またマレーシアなど東南アジアに在住していたインド系移民が経営している店までバラエティ豊富で非常に興味深い。

India Gate
オーナーはインド料理コック排出地として随一のガルワール出身(Tehri Garhwal県)。バドリナートとかケダルナートなどヒマラヤ聖地の写真と共に自分の一族の集合写真が大きく引き伸ばされて壁に掲げられている。店ではオーナーの親戚のガルワール出身男性も一人一緒に働いている。開業して約8年弱だという。元々デリーのホテルなどで勤務していたが、東南アジアのオーナーに招聘されたのをきっかけにマレーシアやタイなどで転々と勤務した後さらに招へいされてシェムリアップに来たという。どのようないきさつで独立に至ったか興味深かったが詳しくは分からなかった。奥さんがカンボジア人という訳ではなく、オーナー家族はハリヤナ州チャンディーガルに居る。


India GateのオーナーシェフのVikram氏(右)

店舗家賃は1300米ドルで、中心部にあるとはいえ諸物価に比べて意外と割高な印象。その他一人現地の女性をパートで雇っていて、経費は決して安くない。タンドールは材料など全てシェムリアップで揃えた自作。内装なども可能な限り自分の手で施したという。料理に使うベーシックな食材は当然地元で仕入れるが、マサラなどカンボジアで一般的でないスパイス類の仕入先としては、年に一度程の割合で帰国するインドから直接持って来る他、時々インドから郵送してもらう事もある。またプノンペンにパキスタン系の食材卸業者が居るそうで、そこから購入する場合もあるという。


India Gateで食べたエビカレーのセット(Prawn Thali / 8USD)

New Delhi
India Gateオーナーの話では、シェムリアップにもう一軒、New Delhiというガルワール出身者が経営するレストランがあると聞き、後日食べに行った。New DelhiはIndia Gateよりも若干古く8年以上、シェムリアップで営業しているという。オフシーズンのためオーナーは店には出ていず、代わりに20代半ばとおぼしきイケメンの息子さんが丁寧に接客してくれた。また若いカンボジア人のオーナー夫人も一緒に店内にいた。味も脂っこくなくて美味しい。日本人観光客/インド系の観光客もたびたび訪れるという。



ちなみにガルワール出身者に出身地を聞くと、デリーまたはデーラードゥーン(ウッタラーカンド州州都)と答えることがある。それはこちらがガルワールという地名を知らないだろうという配慮であったり、勤務地がデリーにあったということだったりする。


小ざっぱりとして居心地の良いNew Delhi店内。

Taste of India
パンジャーブ系のオーナーによって経営されている。ただし訪れた時はオフシーズンのためオーナーはインドに帰国中で不在だった。


店内にはマレーシアかインドネシアからと思しきツーリストが食事していた。

奥の方にインド系とおぼしき二人組が居たので、当初オーナーかと思って話しかけたら単なる客だった。が、元々ボンベイ生まれでありながら、現在は中欧に在住しているという医者だった。カトマンドゥやタイなど旅しながらシェムリアップに来ているという、なかなか出会ったことの無いタイプのインド人だった。ちなみにここのオーナーの兄弟は、同じ市内でCurry Walaという北インドレストランを経営している。



Maharajah


Maharajahという店名ではあるもののオーナーはパキスタン人。13年前、当時オランダに住んでいたオーナーのアフマドさんはフランス人の彼女を伴って、UNTACの活動に参加していたパキスタン軍の親戚の訪問も兼ねてカンボジアに来たという。その際アンコールワットなどの観光資源があるにも関わらす飲食関係が充実していない事に着目し、その後も何度かカンボジアを訪れたのち、シェムリアップで開業したという。彼がここに来た当時から残っているのはLittle IndiaとTaj Mahalの2軒のみだが、現在では13軒ものインド系飲食店が存在する。ちなみにLittle IndiaもTaj Mahalも共にオーナーはパキスタン系。このうち、シェムリアップで現存する最古のインド系レストランがLittle Indiaであるそうだ。


Maharajahのオーナーであるアフメド氏。人生経験豊富で貫禄あるルックスだがまだ30代。

シェムリアップの中で少なくない店が、元々彼の店で勤務していたスタッフが独立して作ったものだという。ちょうど訪れた日も、パキスタンから二人、新人コックが来ていた。この店は埼玉に長年在住していたという、オーナーの親戚パキスタン人が共同経営者という事だったが、この日はやはりオフシーズンでパキスタンに帰国中という事だった。


Maharajahで食べたビーフ・ビリヤーニ(5USD)とライタ(2USD)。
ボリュームがありながら油で重くなく、かつ滋味深い味わい。濃厚なライタも量が多い。

他にもシェムリアップにはKerala RestaurantやDakshin'sなどといった南インド系のレストランも存在し、是非訪れたかったものの短い滞在期間のため果たせなかった。


街の中心部、立地の良い場所に老舗インド料理店Little Indiaはある。


posted by asiahunter at 00:51| Comment(0) | ■東南アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。