×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

2013年01月10日

ラクノウのシャレビー

ラクノウ出発時刻が早かったため、朝食を食べられそうな店がまだ開いていなかった。(インド人は朝早くから掃除をしたり散歩したりしていても店の開店時刻は他国に比べ遅い)
揚げ物屋などもあったが、昨日の揚げ物が冷たいまま残っているだけ。インドでは電子レンジで温めサービスもない。



そんな中、開店準備中のジャレビー屋があった。12月の寒い中、油が熱気を発しているのが何とも引き寄せられる。仕込みの内から店先で待たせてもらう事にした。



小麦粉を主原料とするジャレビーの素をお玉ですくい、小さく穴を開けた布に入れていく。



適量が入ったところで布の上側をしばる。



勢いよく布から熱した油の中に絞り出していく。





小さい円を描くように、うねうねとジャレビー独特の形状にする。



揚がってきたら、網ですくい上げ、熱したシロップの入った大なべに投入。





シロップにくぐらせ、味をよくしみ込ませる。



ラクノウ空港に勤務する若者たちが通勤前にゾロゾロと集まってきた。
ここのジャレビーを朝食代わりに食べているようだ。



揚げたて・アツアツのジャレビー。出来立てはやはり格別な味。


posted by asiahunter at 09:47| Comment(0) | ■インド料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。