×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

2012年12月21日

結婚式@チェンナイ

チェンナイ滞在中、運よく知り合いの親戚の結婚式に招待された。特にこの日を狙って滞在した訳ではないのでフォーマルな衣装など持ち合わせていなかったが、基本的にこうした結婚パーティーの場ではドレスコードは日本ほど厳格ではなく、気軽に参加出来るのがいい。



市内中心部のホール(Janaki Krishna Hall)。収容人数数千人という。
到着した時点で夕刻を過ぎており、すでに宴もたけなわな時間帯だった。





ホールのエントランス部分には花で作られたコーラム(吉祥の印)が描かれていた。
このコーラムが密教に取り入れられてマンダラとなったという。
マンダラはこちらでも販売しています



ホール内部。女性たちのカンチープラム・サリーが特有の光沢を放って美しい。



参加の男性たちも南インドの正装である白いクルターに白いドーティでキメている人も少なくない。黒い肌に白布がよく映える。やはりワイシャツ+スラックスよりもこちらの方が断然『絵』になる。



新郎新婦の周りには人が途絶えることなく集まり、記念撮影など行っている。
彼らは共にアメリカ在住のエンジニアで、故国に戻って盛大に式を執り行った。異国で恋愛し結婚する場合でも届けを出すだけといったスタイルは少数派で、故国に戻って式・披露宴を行うのがインドでは一般的で、日本国内に在住しているIT技術者たちもそのようにしている(日本国内でインド人同士が恋愛結婚するケースはほとんど無いため、だいたいが一時的にインドに戻り見合い〜結婚し、日本に戻る、というパターンが多い。またインドでは12月が婚礼シーズンなのでこの時期インドに一時帰国する人が多い)。

尚、インドではこうした式やパーティなどは全て主催者持ちとなる。祝儀といった習慣もない。この日の招待客は1000人以上だという。費用の総額は250万円ほどかかったらしい。これ程の規模になると婚姻者及びその親族などといった個人の能力を超えるため、専門のブライダル会社が宴の一切を請け負う。その会社の担当女性社員がホール内をヘッドマイクを付けながら闊歩していたが、さすがにこの規模の婚礼を取り仕切るだけあっていかにも有能そうな女性だった。



ホールの片隅ではヴィーナやムリダンガムといった南インド古典音楽の楽器がおごそかに生演奏されている。招待客の中には演奏のターラ(リズム)を指で取っている音楽通などもいる。



最大の楽しみである食事。食事は建物二階に上がったところでいただく。
これも特に一同一緒に乾杯などなく(だいたいインドの結婚式で酒は無い)、大きな食事スペースで気の向いた人がそれぞれバラバラに食事をする、という至って自由なスタイル。インド人主催の食事付の室内イベントはほぼ例外なく、国内外問わずこのようなスタイルが一般的。



当然のことながら南インドのハレの日の食事は純正菜食となる。
バナナの葉も一般の街食堂で見慣れているものよりも新鮮で明るい色の若葉が用いられている。





次から次へとひっきりなしに具材をバケツに入れた給仕係がサーブする。
また当然こうしたハレの食事は手食がマナーであるため、食べ物の名前を聞いてもメモれないし写真も撮れないため純粋に食べることに専念する他ない。ちなみにサンバル・ライスがとても美味しく4〜5回はおかわりした。(何度でもおかわり可能)



別の場所ではアイス他、デザートコーナーまで設置されていた。これも食べ放題。正に至れり尽くせり。



タミル人の結婚式に招待されたのは初めてではないが、改めてトラディショナルな南インドの結婚式の素晴らしさを噛みしめた一夜となった。



posted by asiahunter at 13:31| Comment(0) | ■インド文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。