×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

2012年07月27日

काँवर यात्रा

今回のインド仕入では聖地として有名なバラナシにも滞在しました。
ちょうど雨季中のバラナシではカンワール・ヤットラの最中で、聖地バラナシにも多くの巡礼が聖なるサフラン色の衣装に身を包み、天秤棒(カンワール)を担いで北インド各村・町から、数キロ〜数百キロを数日かけて徒歩でやってきてシヴァ神を祀る寺院(バラナシの場合ゴールデンテンプルの通称で知られるヴィシュワナート寺院)に参拝したのち、ガンガーの水(ガンガージャル)を汲んで再度、各々の村に持ち帰る、というお祭りです。




ヴィシュワナート寺院の周りには本尊への巡礼者が1キロはくだらないかという長蛇の列をなしている。






インドではこうした巡礼が少なくなく、参加者も若者が目立ちます。カンワール・ヤットラのような過酷なものではなく、短いものでは例えばバラナシ周辺を一周する巡礼などもあり多くの老若男女が参加しますが、彼らがすべて特段信心深い訳ではなく、日本でいえば市民マラソンに参加するような感覚もあるようです。その日一日果物だけを口にし、長距離を歩くので完遂後はスカッと爽やかになるらしく、それが信心深い人たちにとっては一種の神秘体験として感じられるのでしょう。


いつのころからか夕刻〜夜半にかけて、ダサーシュワメート・ガートでショー化されたプージャが行われるようになっている。





大勢の観光客・野次馬が集まり、雰囲気的にはある種、バリの寺院でバリ舞踊を見ているのに近いだろうか。とはいえ行うのは鐘を鳴らしながらマントラを唱えるだけの単なる火の儀礼。特に歌って踊る訳ではないが、なぜか長髪イケメンのチャラい五人組のプージャリーがダンスグループのように揃って登壇し、ダンスまがいの妙に身体をよじらせながらのプージャをする。ごく数年前まではいかにもといった感のプージャリー(司祭)が荘厳さあふれる感じで行っていたのだが。とはいえ火葬される死体や早朝の沐浴風景の他に新たに観光材料が出来るのは地元の観光客相手の業者にとっては歓迎すべき事なのだろう。


posted by asiahunter at 01:40| Comment(0) | ■インド文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。