×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

2010年10月30日

SholayからMoti

『Delhi-6』を見た翌日、今度は東京国際映画祭で上映される『Sholay』を見にシネマート六本木という映画館に行った。『Sholay』などインドで最も有名な映画ではあるが頭からお終いまで通しできっちり見たことが無かったので、日本語字幕も付いているし、これを機に見に行った。日本語字幕は松岡環さんながつけたものと思いきや、そうではなく、かなり昔に付けられたもののようで、映画と同様字幕もまた時間経過と共にギャップを生じさせるものだと改めて感じた。しかしそれも含めて昔の映画という感じがして悪くない。またシネマート六本木という、やや古く空調の効きの悪い映画館も、リバイバル上映をインドの二流館で見ているような気にさせられるという点である種のデジャブ感を観客に与えていた。フィルムの状態も決して良くなく、ところどころ線が走ったり画面が揺れたりしたが、それら全てがある種の演出のようにも感じられた。内容は単純明快な勧善懲悪マサラアクションだが、アミターブもダルメンドラも全盛期はそれぞれの息子たちよりはるかに渋くかっこいい。ヘーマ・マリニーもジャヤ・バドゥリーも若くて美しく、さすがインド映画史上最もヒットした映画だけあって飲み込まれるように没入させられた。

さて、『Sholay』を見た帰り、せっかく10年ぶりに六本木駅に降りたのだからと六本木通り〜外苑東通り周辺ブラブラ歩いたが、怖そうな外人も多く夜も更けてきたので避難かたがた前々から立ち寄りたかったMotiに行く事とした。


Motiを代表するメニュー『モティ・バターチキン』1,650円と『サーグマトン』1,520円を注文。モティ・バターチキンは多分10年ぐらい前、Motiに二子玉川に支店があった頃そこで食べた事があると思うがそれ以来である。
このバターチキンは一般のインド料理店のそれと大きく異なる。説明が難しいが、クリーミーかつカシミーリーでいわゆるマサラたっぷりのカレー的カレーとは同じインド料理と思えないほど全く異なる。これにバターライスがよく合う。カロリーの事を度外視すれば何杯でも食べられる美味である。また日本の多くの店でははっきり言ってバターチキンにトマトピューレを入れすぎで、バターチキンというよりトマトチキンになってしまっている店も少なくない。そんなのとは段違いだ。


それからビールと共にタンドーリー・チキン1,550円


カレーと共に食すのはバターライス350円


及びバトゥーラ480円


店内の内装も重厚感があり、北インド料理が都内一等地に於いてゴージャスな食べ物として認知されていた古き良き時代を感じさせる。


首都高3号線下りに乗ると、大体渋谷手前で渋滞している。その際、高速上からよく見えていたのがMotiの看板と店内で、それを眺めては『よく客が入ってるな〜』と思っていたものだった。今日は立場逆転しMotiの窓から首都高3号線を見上げている。


posted by asiahunter at 12:29| Comment(0) | ■その他雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。