×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

2010年05月31日

CNCアランゲトラム

いつもお世話になっているインド舞踊CNCさんからご依頼をいただき、バラタに於けるいわゆる免許皆伝的な意味合いを持つ「アランゲトラム」を日本で行うにあたり、グルであるウマー・ラーオ先生および南インド古典ミュージシャンの方々の送迎・運搬などお手伝いさせていただいた。ウマー先生とは数年前の来日時もお手伝いさせていただいているので面識あるが、やはりインドの一流芸術家特有の崇高なオーラを漂わせているので、ついプラナームが自然と出てしまう。

アランゲトラムとはバラタナーティヤム舞踊家にとって最重要なイベントで、今回アランゲトラムを受けるCNCの皆さんはもちろん、代表の野火先生をはじめスタッフ・関係者の方々も期間中、大変緊迫した雰囲気。
私は主に車の運転担当だったので、なかなかステージそのものを見る機会は無かったが、裏の駐車場が使えたのでインド大使館のホールで行われたステージは見ることが出来た。改装後きれいになったインド大使館には一度だけイベント説明会で地下会議室に行ったことはあるが、ここのホールは初めて入った。このようなきれいで立派なホールが出来ていようとは。以前の薄暗くて狭いイベントスペースと比べようもない程の、正に躍進するインド経済を象徴するかのようなホールだ。



↑ウマー先生によるナヴァ・ラサのデモンストレーション。
インド古典舞踊に於いて最も重要とされるナヴァ・ラサを熱心に解説された。


↑甘くたおやかなハリプラサード氏(中央)による古典ボーカル。
とても三人だけで構成しているとは思えない重厚かつ神秘的な音楽が展開される。


↑白熱したステージ・パフォーマンスを魅せたCNCの古典舞踊の方々。
久しぶりに迫力のある古典ステージを堪能しました。

ステージでは神々しく見えるミュージシャンたちも、近くで接すると皆さん大変気さくな方たちで、ボーカルのハリプラサード氏など車の助手席でカーステにあわせて鼻歌を歌ったりといった、贅沢なひと時を体験する事も出来た。





こうした緊迫したアランゲトラムの一週間をつつがなく成功裏に終了させた記念の打ち上げが新宿のマハラジャで昨夜行われた。アランゲトラムを得たCNCの皆様おめでとうございました。




posted by asiahunter at 21:52| Comment(0) | ■インド文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。