×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

2009年09月30日

ナマステインディア

今年もナマステインディアが無事終了した。
アジアハンターをご利用いただきました皆様ありがとうございました。
ご訪問・お声をかけていただきました業者の方々ありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
知人の中には、一年の内このナマステインディアのみ再会し、次に会うのはまた来年のナマステインディアで、という七夕のような方も少なくなく、さらにはもう生涯会う事は無いだろうと想定していた方などと十数年ぶりに再会したりして、業務的にも個人的にも大変貴重なイベントとなっています。

今年はブース面積を拡大したこともあり、搬入・搬出が特に苦労しました。山のような品々と什器・備品を一度では搬入しきれず、自らのハイエースで二度、友人のトラックで一度の都合三往復して運び込み、撤収後も三往復。荷物を運び込んだ後も、商品の陳列に頭を悩ませます。如何に見栄えよく・綺麗・美しく・手に取りやすく…なとどいったことを現場で考えていると時間ばかりたってしまうので、こうした野外イベント出店時はあらかじめノートに大体の設営平面図を書いています。その通りに陳列できればいいのですが、紙の上と実際とではなかなかイメージが合致せず、おかしいなおかしいなとつぶやきながらひとしきり悩む、そのうち搬入終了時間(会場閉門時間)が迫る、周りの業者さんたちを見ると着々と綺麗に陳列・飾りつけが進んでいる、中には全ての陳列を終え『お疲れ〜』と意気揚々と帰る業者さんすら居る、取り出しすらしていないモノのたくさん詰まったダンボールの山を前に非常にあせる、結局翌日のイベント開催時刻ギリギリまでバイト君たち総出で陳列作業…という毎回このようなパターンです。

アジアハンター・ブースには年々、このように出品商品点数が増えつつありますが、イベント参加当初は車も無く、ボストンバック二つにチャチな雑貨を詰め込んで参加したものでした。近年、国内最大のインド系イベントとして年々巨大化するナマステインディアですが、思えば私が初めてこのイベントに出店参加したのは2002年で、この時はまだアジアハンターという名称もありませんでした。インド留学時代、日本国内で関係を持った複数のアジア系雑貨屋さんの仕入れサポートをしていたため、インド各都市の問屋街にくまなく足を運んでは依頼物品を調達し、日本向けに発送するといった、いわゆる買い付け代行には慣れていましたが、実際自分自身で何かモノを仕入れ直接販売する、というのは経験ありませんでした。これは実際にやってみると理解していただけるでしょうが、他人の金で依頼商品を買うのと自分の身銭を切って販売用の商品を買うのとでは意識の上で雲泥の差があるものです。今でもそうですが、大金使って商品購入するのは非常に緊張するものです。初回の商品購入時は何を仕入れれば売れるか、全く売れなかったらどうしよう…と悩みに悩んだあの若かりし日々…。しかしあれから早7年、インドの経済成長と共にナマステインディアも拡大の一途を辿り、アジアハンターも徐々にではありますが、成長していくのでありました。


posted by asiahunter at 19:24| Comment(0) | ■出店案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。