2008年07月25日

インド人とのピクニック・08夏

先日久しぶりに、親しいインド人グループとピクニックを共にした。
暑い夏は、野外でのインド家庭料理に勝るものは無い。
行き先は例によって、既に何度も訪れている富士・箱根方面。
連休中のため渋滞が酷く、御殿場ICを降りた頃には既に昼飯時となっていた。


駐車場の外れに、わずかに茂る草原にビニールシートを広げてピクニックが開始された。


彼らはベンガル出身でノン・ベジ(非菜食主義者)であるので、
タッパーに詰められていたのは柔らかく煮込まれたチキンカレーであった。


このほか、めいめいの奥さんたちがそれぞれ腕によりをかけた料理を持参する。
ある人はプラウ(シナモンやカルダモンといった香辛料を含ませた炊き込みご飯)、
ある人はプーリー、野菜カレーなどが振舞われた。
持参メニューはそれぞれ重複しないよう打ち合わせされている。

人でごった返すレジャー施設の駐車場の片隅での食事のため、人里離れた山深く、空気の美味い所という理想とはかけ離れた環境ではあったものの、周囲の好奇の眼に屈することなく大変美味しくいただきました。
posted by asiahunter at 03:22| Comment(0) | ■インド食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

在日ラタ・ジャットラ

去る7月12日、在日オリッサ人会(Odisha Community in Japan)の主催による、日本に於いて初めてとなる『ラタ・ジャットラ』が執り行なわれた。※ラタ・ジャットラに関する詳細はこちら 

 


インドでもテレビでしか見た事が無いので、是非とも山車を曳いている所を見たかったが、私がメイン会場に着いた頃には既に三郷市内を数キロ巡幸して戻ったあとで、会場のステージ脇に想像以上に立派な山車が鎮座していた。このラタ(山車)が一体、どのような雰囲気で三郷の街を巡幸するのか、はなはだ興味深く思っていたのだが。在日オリッサ人会の方にも「巡幸を見てないとは・・・オッホォ」と残念がられる。



関東周辺在住のオリッサ人が一体何人居るのか分からないが、少なくとも個人的に知っているのは西葛西などに数人ほどで、タミル人やマラティー人やベンガル人などに比べ在日インド人社会の中ではむしろマイノリティーではないかと感じており、祭りの規模も彼らのそれに比べて小さいのでは、と勝手に想定していたが、想定の範囲外の多くの人手に驚いた。しかし中に顔見知りの西葛西在住インド人が居たので聞いてみると「オリッサ出身ではない」との事で、ではなぜ参加を?と問うと、今回イベントの中でラーマクリシュナ・ミッションの方々のステージがあるので、という事だった。なので会場に沢山集まっているインド人が必ずしも全てオリッサ出身では無いとはいえ、この動員力にはある種の感動すら覚えた。



それにしても一体、なぜ祭会場が三郷なのか?
それはかつてURの三郷団地に複数のオリッサ人たちが居住していたからだという。とはいえ、たまたま祭会場を通りかかった、現在も三郷団地に在住するというネパール人によると、数年前まではインド人住民も多かったが、現在では大半が東京に移っていったそうだ。とはいえ往時に築いた自治体とのパイプによって今回の祭りも実現したのでは、と勝手に想定する。ステージには三郷市長も招待され挨拶をしていた。


ステージでは日ごろお世話になっているStudio Odissiの方々の舞踊がありビデオ係を担当。日本人によるインド舞踊が珍しいのか、会場内では小さなどよめきが起こっていた。



祭りの締めくくりは食事とプラサードの無料配布で、初めての試みにも係わらず盛況かつスムーズな進行で、だらだらと進行しがちなこうした在日インド系イベントとは一線を画す見事なものだった。

posted by asiahunter at 21:50| Comment(0) | ■在日インド系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

事務所案内

事務所移転から約1ヶ月、一時的にサーバーを閉じていたため再開後が不安でしたが、多くのご注文いただき感謝申し上げます。

さて、以前より弊社には
『実際商品を手にとって見てみたいのですが…』
というお問合せが多かったのですが、以前の事務所はあまりにも小さく足の踏み場も無く恥ずかしかったので、心を痛めながらもお断り申し上げておりました。
ですが、現在の新規事務所(兼倉庫)は多少のスペースがございますので、
お問合せいただければ直接、お越しいただき商品を手にとってご覧いただけます。
(とは言え、店舗ではなくあくまで小さな倉庫ですので、無造作に商品が置いてあるだけですが)

移転後、既に2飲食業者様がこちらに来られご購入いただきました。
特にこれから新規事業でインド系飲食店を開業される方など、食器選びも慎重に
いきたい所だと思います。なかなかネットの写真だけではイメージがつかみにくい、
といった場合、ご連絡いただければ準備いたします。
(在庫の確認などございますので、必ずご連絡をお願いいたします)


↑内部写真

所で、今日お越しいただいた業者さまから帰り際
『この辺で夕飯を食べて行きたいんだけど、オススメのインド料理屋ってあります?』
と聞かれ、うろたえました。近くに数件、インド料理屋の存在は知っていましたが、
まだ入った事が無かったためです。
『まず近場のインド料理屋を食べ歩かねば…』
と心中、ひそかに決意した私でした。
posted by asiahunter at 21:51| Comment(2) | ■その他雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする