2007年07月31日

カジュー・バルフィー


先日に引き続き、今度は別の南インド出身者(ハイデラバード)が帰郷から戻り、希望土産として指定した『スイーツ』を持参してくれた。期待に胸膨らませて箱を開封すると、そこにはインドを代表する甘味である「カージュー・バルフィー」の姿があった。


製造元は地元ハイデラバードのDadu's Mithai Vatika社。

検索しても自社サイトは持っていないようである。
甘すぎず、重みの少ない口当たりで何個でも食べられてしまう。

ちなみにカージューとは英語で言う「カシューナッツ」の事で、語感が似ている事からイギリスまたは他の欧米からインドにもたらされた食品と思われるが、現在様々な菓子・料理の材料として加工・調理され、特に北インド料理には欠かせない食材の一つとなっている。(尚、2005年現在インドは世界第二位のカシューナッツ生産国である)
カージュー・バルフィーはカシューナッツをペースト状にし、他のインドの菓子同様に食用銀紙を表面に貼り、形を菱形に整えてカットされた菓子で、カロリーは高そうである。こうした菓子を日常的に食していれば確実に太る。(個人的に実証済み)
尚、インドの菓子はこちらのページでも購入出来ます。


↑インドのミターイー(菓子)屋
posted by asiahunter at 23:48| Comment(1) | ■インドのお菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

インドのスナック

しばらくの間帰郷していた知人の南インド出身者が、手土産にスナック菓子を持って来てくれた。


実は彼らが帰郷する際、手土産は何がいい?と問われて
『スイーツ』とオーダーしていた。
土産物なので細かい指定は遠慮して出来なかったが、出来れば個人的にあまり知らない南インド特有の甘いお菓子、それも出来るだけ生菓子に近いものが欲しかったが、私の方も薄ぼんやりとした指定の仕方だったため、正確に伝わらなかった。

とはいえ、忙しい帰国準備の合間を縫って購入してくれた南インドの珍しいスナックは貴重だ。彼は合計三袋のスナックを手渡してくれた。


そのうちの一つが『ムルク(muruku)』と呼ばれる南インドに限らず全インド的に人気の高いスナック菓子。ジャレビーと似た形状だが甘みは付けず、ほんのりとした塩味と白ゴマの風味が効果的な固めのスナック菓子である。

↑『ムルク(muruku)』

また、ほうれん草に似た青菜のパコーラのようなスナック菓子も持参してくれた。
保存のためと思われるが、水分を飛ばしているので
青菜は硬くパリパリとした食感で、パコーラにしては衣が固く引き締まっている。
このようなスナックが袋入りで販売されているのが珍しく感じた。

尚、陳列に使用したインドのスナック皿・カレー皿はこちらのページで販売しています。
 


posted by asiahunter at 13:48| Comment(0) | ■インド食器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

電動式・南インド料理器具

市川市妙典在住の南インド(チェンナイ)出身者のお宅の台所で
お茶をご馳走になっていると、その部屋の片隅に興味深い器具が鎮座しているのが眼に入った。


これは『グラインダー』と呼ばれている南インド特有の調理器具で、
言うなれば電動式の石臼である。使用目的は南インドで常食とされている
イドリーやドーサイの下ごしらえの加工製造である。
最近ではインスタントのイドリー粉、ドーサイ粉も手軽に入手出来るが、
基本的には一週間に二度、あるいは三度ほど、この『グラインダー』で
イドリーやドーサイのベースとなる粉末を各家庭独自のブレンドで作り、
そこから毎食(特に朝食)は出来立てのイドリーやドーサイを作るのが
南インド一般の食習慣である。従って現在では多くの家庭に『グラインダー』は
普及しており、また南インドの都市部の家電売り場に行けば
『グラインダー』は必ず置いてある家庭の必需品といえる。
最近、日本への流入著しい南インド出身者の台所を覗くと、
少なからず『グラインダー』を故国より持参している人々もいて
前々から興味を持っていたが、今日改めて使用法など伺った。
(尚、彼らは南インドで購入した『グラインダー』を変圧器を用いて日本でも使用している)

尚、現在でこそ電動の『グラインダー』が主流だが、
数年前までは『ウラル』と呼ばれる手動式の石臼が各家庭にあり、
現在の20〜30歳の人々の子供時代にはお母さんが『ウラル』で
イドリーやドーサイを作っているのが日常的に見られたと言う。
また『グラインダー』で轢いた粉よりも『ウラル』で轢いた粉で作った
料理の方が美味しく、本式で作るならば
本来は『ウラル』で作るべき、とも語ってる。
これは電気炊飯器で炊くご飯よりも薪火に鉄釜で炊いたご飯の方が
美味しいと主張する日本人と共通するシンパシーのようである。

イドリーやドーサイはベースとなる粉は共通である。
全形状のパーボイルド・ライスと半割にしていないウラッド・ダールであり、
共に日本国内では入手困難な素材である。
(日本では顆粒状のパーボイルド・ライスと半割のウラッド・ダール(※1)は市販されており、
グラインダーを持つ多くはそれで代用しているという。いずれの素材も結局は
粉砕するので元々の形状にこだわる理由は不明だが、
やはり味覚の点で微妙に異なるようである)

(※1)半割のウラッド・ダール…『豆の事典-その加工と利用』によれば「インドにおける豆の利用法の特徴は半割れにする事で、半割れ豆をダール(dhal)と呼ぶ」とある。このため半割れ豆であるか丸豆であるか何度か確認したが、丸豆という答えだった。
尚、『豆の事典-その加工と利用』は今まで読んだ豆関係書籍の中で最も詳細でインド豆に関する記述も数ページ割いています。インド豆に関心ある向きには必読書籍です。



イドリーやドーサイの粉の製造法は聞いた所以下の手順で進む。
パーボイルド・ライス4に対してウラッド・ダール1の割合で準備し、それぞれ別個に水につけて約5時間放置する。5時間経過したパーボイルド・ライス及びウラッド・ダールを再度、それぞれ別個にグラインダーにかけて粉砕する。粉砕後、両者を混ぜ、手で捏ね上げる。その際少量の塩を加えるのがポイントである。更に12時間放置して幾分発酵させて生地の完成である。
これを薄く延ばして焼くとドーサイ(南インド以外の場所ではプレーン・ドーサイと呼ばれる)となり、蒸すとイドリーになる。

訪問したお宅では時間が無く味見までは出来なかったものの、
少なからぬ南インド系の人々が頑ななまでに自らの食文化を保持し、
誰に聞いても詳細な説明を与えてくれるのには畏敬の念を禁じえない。
独自のヒンドゥー文化を大切にしている人の中には、自らのアパートの玄関に
↓のようなガネーシャ神を祀っている人も存在する。

(彼のお宅には押入れを祭壇代わりにして小さな神像やプージャ法具が並んでいる)


posted by asiahunter at 03:21| Comment(0) | ■インド食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする